記憶と忘れる性質

記憶したものを忘れる

忘れる忘却曲線

脳は、記憶したものを忘れるという性質があります。忘れる時間は、どの程度強く記憶したかにもよります。エビングハウスという心理学者は、19世紀、ドイツにて「忘れる」ことについて研究し、忘却曲線というものを提唱しました。実験の内容は、3個1セットとなっているランダムに組み合わされたアルファベットを沢山覚えさせ、どのくらいの速さで忘れられるのかを記録するというものです。この結果、覚えた瞬間を100パーセントとすると、20分後には42パーセント、1時間後には56パーセント、9時間後には64パーセント、6日後には、76パーセントを忘れてしまうという結果が出ました。

 

これは、何度も反復せずに一度だけ暗記した場合に言えることです。一度覚えてまた忘れかけたものでも、何度も繰り返し覚えることで、また強い記憶としてインプットされます。一度限りで覚えたものは、かなり刺激的な記憶として残さない限り、時間が経つにつれて記憶が薄れていってしまうことになります。エビングハウスは、この研究によって、脳が重要と判断しない限り、それはこの曲線を描いて忘れられてしまうもの、という結果を出しました。

 

 

 

忘れにくい脳を作って記憶する

 

さらに、この曲線をうまく利用した暗記方法を提唱し、効率的に記憶できる方法を編み出したのです。

 

これは、

 

①100パーセント覚えた後、15分後に同じ内容を復習する。そして、忘れていたものはしっかりとその場で暗記する。
②1時間後に改めて同じ内容を復習し、ここでも忘れているものがあれば、暗記しなおす。
③②で行ったとき、かなりの割合で忘れていたような場合は、さらに2時間後に再度復習する。ここで、忘れた項目が少なくなっていれば、さらに数時間後か翌日に復習を行う。
④さらに数日後に復習を行う。

 

といった方法です。

 

 

まずは、忘却曲線が0パーセントから遠い場所にいる、覚えたての時間帯にもう一度反復させ、より強い記憶として定着させ、その後、少しずつ時間をあけて復習していく、という流れです。「忘れる」というしくみを逆手に取り、もっとも良いタイミングで復習することで、忘れにくい脳を作ります。

 

記憶は、何度も思い出せば思い出す程忘れにくい記憶として定着していきます。はじめは短期記憶として海馬にとどまっていた記憶も、何度も復習することで重要な記憶と判断され、たんぱく質合成を経て大脳皮質へと移動するのです。大脳皮質へ移動した記憶は、長期記憶として保持され、思い出したい時に簡単に思い出すことができます。ただ、長期記憶にまで定着したからと言って、まったく思い出さないのでは、またそれも少しずつ記憶が薄れてしまいます。どんなに時間があいても、定期的に思い出すことで、改めて長期記憶として認識されるのです。

 

 

嫌な出来事の忘れ方

 

記憶というものは、刺激が強いもの程長く鮮明に記憶されていきます。もし、この刺激の強いものが嫌な記憶だった場合はどうすれば忘れられるのでしょうか?

 

ふいに感じる怒りやイライラなど、悪い精神状態を長い時間保っているのは、脳にも体にも悪影響を及ぼします。このような時は、嫌な気持ちを他の気持ちで上書きすることをおすすめします。今イライラしているのであれば、もし明日宝くじが当たったら…という想像をするのです。まったく異なる幸せな想像をすることで、嫌な気分は上書きされます。

 

また、ある事に集中する、という方法もあります。あれやこれや考えているとイライラしてくる場合は、他の事を何も考えず、ひたすら一つの事に集中しましょう。それは、編み物でもゲームでも何でも構いません。集中することで、余計な気持ちが飛んでいき、気づけばスッキリしていることがあります。ある人は、ショックなことがあるととにかく部屋にこもってカリカリ勉強をしている、というような人は、この類の人ですね。

 

また、心理学者が推奨している方法は、「ドアの向こうへ行く」ということです。違う部屋から違う部屋へ、外の世界から建物の中へと移動することで、物理的に異なる空間へ身を移すことができます。たったこれだけのことですが、新しい環境に身を置く最も簡単な方法の一つと言えます。

 

 

嫌な気分を断ち切る方法として、上記のような方法を挙げさせていただきましたが、それでは、深く残っている嫌な記憶は、いったいどのようにして断ち切れば良いのでしょうか?例えば、橋の上で悲惨な事故現場を見てしまった…などという記憶は、忘れたくてもなかなか忘れられるものではありません。普段は忘れていても、その橋を渡る時にふと思い出してしまったりすることがあるでしょう。

 

この場合、橋を渡ることが予め分かっている場合は、嫌な記憶をたどらないよう、違う思考回路を用意しておくことが有効です。あるいは、橋が架かっているきれいな景色を思い浮かべることで、気分が良い方向へと導かれます。また、このような場合は、二度と思い出さないよう意識的に記憶を払いのけることも有効です。良い想像も悪い記憶も考えることをやめ、なるべく真っ白の状態にします。何も考えない時間を持つことで、人は自然に悪い記憶も忘れていくことができます。思い出してしまうと、その記憶が改めて強く記憶されてしまいますので、思い出す前に歯止めをかけてしまうのが良いでしょう。

 

 

このように、いったん定着してしまった記憶を忘れるといことも、覚えることと同じ位大変かも知れません。記憶術などで、覚えたいものを、記憶の中でイメージして刺激的な記憶として残すという方法でも、必要なくなれば消してしまいたいものもありますよね。この場合は、記憶を新しい記憶で上書きしてしまうのが最も効果的です。物事を覚え、定着させることは大変と思われがちですが、実は、忘れることも一苦労必要なのです。

 

ただし、物凄く衝撃的で酷い経験をした時は、あまりのショックでその時の記憶を思い出すことが出来ないという現象にぶち当たることもあります。この場合、自分が意識しなくても、体が危険信号を出し、記憶を抹消してしまったと考えられます。このように、人の脳は、覚える必要のないものを忘れてしまう、忘れてしまえる性質があります。大切な記憶、英単語の記憶術など勉強した内容などを記憶しておきたい場合は、脳に”大切な情報”として認識してもらうことが大切です。

 

 

記憶のコントロール

 

人は、記憶する→忘れるを繰り返して生きています。毎日膨大な情報を受け入れる海馬は、その膨大な情報の中から重要な情報がどれかを判断して記憶し、それ以外の情報を忘れます。記憶に残った情報は、意識的に思い出したり何度も覚えなおしたりして強化され、それは大脳皮質へと移動して定着します。定着した後も、なかなか引き出されないまま放っておかれている情報は、次第に定着力が薄くなり、忘れてしまいます。

 

このようにして、海馬や大脳皮質は、記憶するべき情報についてリアルタイムに判断・判別を行っているのです。覚える、忘れるという仕組みがあるからこそ、人はどの情報が大切で、どの情報が大切でないのかが潜在的に理解できなす。また、意識的にこれらの記憶を忘れさせることができる方法もお伝えしました。

 

一度覚えてしまったら、二度と忘れることができないということはありません。旨く工夫すれば記憶をコントロールすることも可能です。これらのサイクルを上手に利用し、必要なものだけを取捨選択できる脳を養うのも良いですね。不要なことを忘れれば、より効率的に覚えていたいものを覚えていられる脳になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ